新聞の折り込みチラシを利用する

ori

新聞の折込チラシはスーパーの売り出しとか通販とか、大抵の場合企業が宣伝目的で利用することが多いですね。あまり迷い犬とか迷い猫などのチラシは見たことがない方が多いのではないでしょうか。

何となくお金がかかってしまうイメージがあって、敬遠している向きがあるのかもしれません。しかし主婦とかお年寄りはチラシを一枚一枚確認する人もいるので意外と効果的です。

家族が4人いると家庭であれば、チラシ一枚で4人の人の目に届くことも考えられます。相対的にポスティングで入れたチラシよりも、新聞の折込チラシの方がじっくり見てくれる確率は高いようです。

地域によって違うと思いますが、一枚の折込料金は5円位ではないでしょうか。しかも折込広告の大元の会社にもっていくのでなく、販売店を調べて持っていけば少ない枚数でも十分対応していけます。

しかもエリアを特定できるので、思ったより安い予算で済ませることができます。

地方紙とか全国紙どちらがいい?

地方紙とか全国紙があるので、どちらの新聞が地域を網羅しているかを事前に知っておくことが大切です。どちらかというと地元紙の方が、多くの人に馴染みがある感じがしますね。まずは近くの販売店に連絡をしてみましょう。

そして、配りたいと思っている地域に該当しているのか?部数はどのくらいか、費用と配ってもらえる枚数の単位、地域指定ができるか、いつチラシを持っていけばいいのかなどを聞くようにしましょう。

少しでも情報が入ってくるようであれば、徐々にエリアを広げて行き、できれば何度か入れてみるのもいいかもしれません。

そしてあがってきた情報から、ある程度のエリアの絞込みができたら、その地域を重点的に探すようにするといいかもしれません。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る