ポスターの貼り方と注意点

fsdf

ポスターを貼るときには、人の目線を大事にしましょう。身長が高い人がポスターを貼る時に、自分の基準してしまうと高すぎて、子供達や身長の低い人からするとわかりにくくなります。

掲載場所にもよりますが、いちいち立ち止まってポスターを眺める人はほとんどいないので、いかに通行人の視線に入るかが大切になります。

特に子どもの場合は目線が低く、情報に対しては敏感であったり、迷子犬などは公園などに現れる事も多いようなので貴重な情報源になります。

できるだけ人の足が止まるところに貼らせてもらうのがいいので、町内に掲示板、スーパーやコンビニ店、美容院や理髪店、動物病院やペットショップなどには積極的にアプローチする事が大切です。

許可なく貼ってはいけない

公共の場所に掲載するときは、黙って貼らないことです。かならず許可を得るようにして、見つかった場合は、いつまでも貼っておくのでなく速やかに剥がすようにしましょう。

掲載場所で目に付く場所はやはり電柱でしょうか?他の業者の方が貼っていたりするので、ついつい貼りたくなるとは思いますが、軽犯罪法に触れる恐れがあります。

電柱は電力会社のもちものなので、掲載する場合は電力会社には許可をもらっておくようにしましょう。それと警察にもその旨を伝えておきましょう。

ただし許可をもらったからといって、貼り過ぎは景観にも悪影響を与えてしまうので、かえって連絡がある率を低めてしまうこともあるかもしれません。枚数はほどほどにしましょう。

告知手段として、ポスターは守りの方法と言えます。攻めの方法は、チラシ配りです。声をかけるのと、ただ掲載しているのでは影響力が違いますので、できれば両方を行うようにするといいと思います。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る