連絡を入れるべきところ

tel

保健所や動物愛護センター

飼い主がはっきりしない、犬がウロウロしているのを見つけると、それを見つけた人が先に連絡を入れるのが保健所や動物愛護センターです。家で犬を飼ってない人が、真っ先に連絡するところですね。まずは収容されていないか連絡してみましょう。

動物愛護(管理)センター

動物愛護(管理)センターでは、動物を保護しているデータが、ネット上で公開されていますが、収容されてからすぐにデータがアップされているわけではないので、電話で確認することが大切です。

ネット上での情報は、収容時期、保護した場所、毛色、性別、体格などを写真掲載で、細かに紹介しています。しかし掲載サイトの情報をみていると、連絡があるケースが少ないそうで、意外と保護されている事を知らない人が多いようです。

調べてみると、各自治体で保護する期間については差があるようで、3日ほどの抑留で、処分されてしまうところもあるようです。情報サイトで、呼びかけているのは、一般家庭で、保護されているケースもあるようで自治体の方に連絡がいっているケースも多いとか。そういうことを考えると早めに連絡することと、確認のための連絡をこまめに行うことが大切です。

動物病院、ペット葬祭場

また、怪我をして、救急病院などに運ばれているケースもあります。交通事故にあって、亡くなっている事もあるので、動物病院、救急病院、そして、近くのペット葬祭場などの確認も忘れないようにすることです。希に、事故にあって、清掃局へ運ばれている事もあります。

近くの交番

ペットの犬は法律的にモノとして扱われる為、迷子犬を見つけた人が警察に届けでている事もあります。近くの交番で、届出がでている犬がいないかどうかや、警察署のホームページから、遺失物を検索してみるようにしましょう。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る