地域の回覧板で回してもらう

kaira

住んでいる地域にもよりますが、町内会などがある場合は、回覧板などがありますよね。要件があれば一軒一軒回ってくるアレです。この回覧版、地域のメディアだということだけで侮れません。意外と効果があるものです。

犬がいなくなった地域の自治会長さんのところに行ってみて、緊急という事で事情を話してみましょう。了解をもらえれば各班長さんから回覧板をまわしてくれるかもしれません。

ただ、自治会は行政とちがって自分の判断なので、人によって対応は様々です。快く引き受けてくれる人もいれば全く協力してくれない人もいます。

人のいい自治会長さんであれば、積極的に協力してくれるかもしれませんが、大抵の場合は時期が来て、嫌々(?)引き受けている人が多いので、面倒な事はしたくないって思っている人も多いです。

あくまでも自治会は自主性に任されているので、お願いをしにく行く時には、言い方には気をつける必要があります。

回覧板のOKがでれば

もし運良くOKがもらえたら、町内には何班あるかを聞いて、必要な枚数に少し余裕をもたせて持っていくようにしましょう。

原稿には写真と特徴を描いたもの、それに連絡先などは忘れないようにしましょう。早急に回覧をお願いしますという文面を書くようにして、回覧してもらうことが大切です。

回覧板のいいところは、必ず確認のサインをするので確実に情報が浸透するということです。

前もって連絡が回っていたら、家の周囲で知らない犬がウロウロしていても注意を向けてくれると思います。

回覧板を回してもらえるかどうかは、あくまでも協力してくれるかどうかということなので、自治会長さんにお願いすると時には丁重にお願いするようにしましょう。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る