新聞・地元紙への掲載

mayoi

地元紙などのメディアには、ちょっとしたお知らせやコラム欄などがあって、よくそこに「迷い犬を見かけたらご連絡を!」などの記事が載っていたりします。

お金があれば広告枠を買ってドーンと掲載できるのかもしれませんが、かなりの金額になってしまうのでおすすめはできません。それに広告だと意外と目にとまらないようです。

それよりもコラム欄などは意外と読んでいる人が多く目につきやすい感じがします。普段あまり新聞を見ていない人は、お知らせやコラム欄などは、目にしないことがおおいと思いますが、意外と活発に情報交換をしているようです。

よく公共の施設を使って講演会などを開くと、そのコラム欄をみて参加する人がいるので、かなり効果的な感じがしますね。

実際に会場まで来る人の人数からすると、かなりの確率で目に止まっているのがわかります。それに地元紙の場合は、ちょっとしたお知らせやコラム欄の掲載であれば無料で掲載してくれるので利用しない手はないと思います。

もちろん地域によって違いがあると思うので、新聞社に電話をしてみて事情を話してみて、その掲載枠みたいなものがあるかどうかを確認してみるといいです。

まずは行動してみないとわからないで、できることはいろいろとやってみましょう。

掲載してくれることがわかったら、いつ、どこでいなくなったのが、特徴、オスかメスか、体型、犬種、大きさ、色、性格?など、できるだけ細かく具体的に書くようにしましょう。

残念ながら写真掲載が難しい場合は、読んだ人がイメージしやすい言葉を多く使う事が大切です。それと連絡先などは間違いのないようにしましょうね。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る