地元情報誌の掲載法

jimoto

地域に密着している情報誌があれば、連絡網の一つとして活用するようにしましょう。情報誌は地域の行事や運動会、また災害の時などの連絡先などが掲載されいるものですが、役立つ情報が載っていたりするので、人の目に触れる率は高いと思われます。

場所によっては発行していないところもあると思いますが、一応ネット検索で探してみるといいですね。

ただ情報誌の場合は発行する期間があいていたりすると、タイミングが合わない事もあります。掲載されるまでに時間がかかったりするので、その点は注意が必要ですね。

掲載してくれるかどうかは、発行責任者の判断になるので、まずは確認しておきましょう。

こうした行動を起こしているとタイミングよく、出版元の方に迷子犬等のついての情報が入っているケースもあるようです。なので出来ることは、なるべくアクションを起こした方が良さそうです。

地域の情報誌を発行しているところは、少人数でやっているところがほとんどで、私の知っている人も、数十年、地域の情報誌を発行している人がいます。この人は一人で運営をしています。

毎日こまめにその地域一帯を情報収集の為とクライアント探しの為に回っています。地域の地理や独自の情報網を持っていたりして、情報発信とともに収集の方も量が多いので、かなり地域の情報には詳しいです。

地域の情報をよく知っている人と話をするだけでも何かのヒントのなるかもしれません。ですので、まずは情報誌に迷子犬についての情報が掲載できるかどうかを聞くことが大切です。

連絡する時に、どの辺りでいなくなったのかとか、犬種、大きさ、色、特徴などを詳しく話していると、迷い犬などの情報が入っている事もあります。

意外とこまかな事まで、知っているので、まずは連絡するアクションを起こしてみることが大切ですね。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る