ペット探偵を利用する

tanntei

餅は餅屋という言葉がありますが、予算があれば自力で探す努力と同時に専門業者に依頼するのも一つの方法です。今は迷子になったペットを探してくれる仕事があります。

一般にペット探偵などと呼ばれていますが、ペット探索のノウハウだけでなく特殊な機器などを使って探してくれます。

迷子犬などは居なくなってから時間が経てば経つほど探すのが難しくなってしまうので、近所を探して見つかる気配がなければ、すぐにペット探偵に依頼するのも一つの方法です。

業者の探し方はネットで探せばいろんな業者がでてきます。地域名とペット探偵というキーワードで検索すれば、該当する業者の名前が出てきます。

もちろん業者によって料金やサービスの内用も違うので依頼をする前には業務の確認をするようにしましょう。

個人の探偵がサービスの延長でやっているところもありますが、できるなら専門で行っているところの方がいいですね。

業者によって仕事にとりかかるまでのプロセスには差があるとは思いますが、依頼までの一通りの流れとしては、まずは連絡を入れるところからです。そして電話で居なくなった時の状況を業者の人の質問に答えながら明確にしていきます。

その後に捜索の仕方やかかる費用などに概算の話があり、その後、調査員が、自宅や現場に向かい細かい打ち合わせ、搜索の方法や流れ、細かい料金の説明を行って納得された場合に契約になるという流れになります。

費用は日当、交通費、ポスターやチラシの制作などの費用がかかってしまうので10万円近くの費用がかかってしまったり、その後の搜索の状況により、延長にかかる費用がかかってしまうことがあるので、料金については納得できるまで聞いた方がいいですね。

それと過去の実績なども忘れずに聞くようにしましょう。

> 多くの飼い主さんに迷子情報を拡散してもらう方法

おすすめ記事

ツイッター

ページ上部へ戻る